ポトスライムの舟 

新聞の広告文に惹かれ、芥川賞受賞作の「ポストスライムの舟」を読んでみたくなりました。

さっそく本屋さんで、その本を手にしてパラパラと立ち読みしました。

なんとなーく、「この金額を出してまで読む価値があるのだろうか・・・」と手にした本を元に戻してしまいました。

その後、ブログ仲間のゆうゆうさんや優花さんが、掲載雑誌をお買い求めになられたとのことで、

「そうか、その手があったんだ!」と思わず膝をたたいてしまいました。

で、先ほど甘いものが食べたくなり、マルエツストアーで表示価格より10%引きのティラミスを買いがてら、文藝春秋も一緒に買いました。

文藝春秋

リプトンティーバックのお紅茶を飲みながら、作品を読みました。

出がらし2杯目を飲み終える頃には読み終わりました。

作品の感想は・・・

まだざっと読んだところ、う~ん、特に感動がわきませんでした。

とりたてて大きな事件がおこるでもなく、

血が沸騰するほどの恋愛話もなく、

背筋が凍るほどの恐怖もなく、

ただ淡々と、地道に生きる女性の日常生活が描かれているだけです。

でも、主人公の女性の気持ちやら心理描写はすっごい理解できました。

恋人もなく、仕事にも夢や希望をを見出せない頃の自分を思い出してしまいました。

あの頃の私はといえば、ちまちまと小説・・のようなものを書いていました。

ときたま何かの懸賞に応募したりしていました

この前の実家の大掃除で、その頃書き溜めていたノートが出てきて、読み返しては、当時の情熱・・とまではいかないけど、夢見る夢子さんだった自分をなつかしく感じたりしました。

ミニノートを手に入れてから、毎晩、少しずつ書いています。

まだマックでは2回しか書いていないけど。

すっごく楽しいです。

どこかへ応募するつもりもないし、誰か第三者に読んでもらうこともないから、自由に筆が進みます。

でもって、完成したらB5用紙に両面印刷して、表紙をつけて、ホッチキスでとめて、一冊のマイ本を作ってみたいです。

| | コメント (8)

当たるといいな・・・仏の顔×3Tシャツ! 

ゆるゆるコメディー漫画「聖おにいさん」の中で主人公たちが着ているTシャツが抽選で当たるという企画があり、さっそく応募してみました。

応募券←こういうイラストが応募券でした(笑)

「仏の顔×3」と「ジーザス」の2種類あり、私は「仏の顔×3」のほうを希望しました。

聖☆おにいさん 1 (1) (モーニングKC) Book 聖☆おにいさん 1 (1) (モーニングKC)

著者:中村 光
販売元:講談社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

当たるといいなぁ~。神様お願い!

あててくださ~い

ちなみに、「仏の顔×3」の意味は「仏の顔も三度まで」です。

| | コメント (6)

 2008 文庫本フェアー 

今年もやってきましたよ、文庫フェアー。

集英社 角川文庫 新潮文庫

今年も「ケロロ軍曹」のブックカバーをもらおう・・と思っていたら、あら、「グーグーだって猫である」があるじゃないですか。

ケロロはもう2枚あるから、今年は大島弓子さんのブックカバーをもらうことにします。

集英社文庫ではハチのストラップをもらいました。

文庫フェア

庭の大根もだいぶ大きくなりました。

二本収穫して、風呂吹き大根を作りました。

ちなみに大根の種類は「ころ愛大根」です。

とれたてをすぐ調理しました。やわらかく煮え、とても美味しかったですよ。

ふろふきだいこん

まりもを模造金魚の入ったペットボトルに入れました。

小さくてどれがまりもかわかりにくいですね。

食卓の上に置いて、インテリアとして楽しんでいます。

金魚とまりも

| | コメント (6)